お嬢様…  大口開けて…  お笑いになるのは…  いかがなものデショ? こんな同盟がありますよ。                      会員番号13番です!  

忙しい日々の中、
ちょっとした息抜きのひとときです。
ワイヤーフォックステリア・『トトやん』も登場!
我が家の『お嬢様』です。


Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
BLOG
<< 緩和ケア71日目〜その2 | * main * | 4月21日、土曜日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


* - * - * - * *
4月20日、金曜日
4月の初め頃、
「家に帰ろうかね」と言ってました。
私には言えなかったらしい…
「帰ろうかと思って電話しようと思いよったと。
 おおごとにせんでもいいけん…」
と義妹に言ってたらしい。

ようやく家に連れて帰ることができました。
ようやく帰ってこれたね。
もう少し元気な日があるかと…
外出くらい、外泊くらいできるかと思ったよ。
3時に筑前国分寺の母の好きな先生が来てくれました。
よかったね。
突然の知らせに先生もビックリされていた。

5時には母とともに斎場へ。
忙しいね。ごめんね。

20日(金)はニーちゃんは『裁判所見学』でした。
すでに東京へ出かけてしまった後だったので、
裁判見学が終わり次第、夫と合流してこちらに向かいます。

トっちゃんは、近所の獣医さんにお願いしました。
かまってやれないので仕方ありません。
トっちゃんも何事かと驚いていることでしょう。

ばたばたと段取りしますが、丸二日寝てないのと
今日は一日何も口に入れてないのとで
頭の芯が働きません。

7時に通夜が始まりました。
喪服は間に合わなくて…私は普段着です。
コーデュロイのパンツにスニーカー…
なんちゅうことでしょう。

わかってはいたけれど、
黒い服を病院には持って行くことができませんでした。
恥ずかしいけれど仕方ありません。
親戚の叔母さんにとりあえず黒いセーターを借りました。

通夜の式の途中で夫とニーちゃんが間に合いました。

暦を気にしなければ、一晩くらい、お父さんの時のように
お家で過ごせたんだけどね…
でも…お母さん、気にする人だもんね。
でも…きっと、「いそいでね」ってことだよね。

病室の壁を埋めていた写真を斎場にも展示しました。
お見舞いをお断りしていましたから、
闘病生活の中でも笑顔の母に会ってもらえました。
皆さんから
「お幸せだったんですね」と声をかけてもらった。

幸せだった?
今となってはもう返事は聞けないけれど、
どうなんだろうね?
「なんでやろ?」って不本意だったよね。

私の前では病気のことを悔やんだり
「言い残すこと」なんて
それこそ聞けなかったけれど…
言葉を言わなくても…
いいやね。

わたしがそっちに行ったときに
いろいろ聞いてあげるから。

* 母とがん * comments(0) * trackbacks(0) * 11:23 *
スポンサーサイト

* - * - * - * 11:23 *









http://crystalofsnow.jugem.jp/trackback/196

RECOMMEND
Nodame Cantabile 1
Nodame Cantabile 1 (JUGEMレビュー »)
Tomoko Ninomiya,David Walsh,Eriko Walsh
ヒストリアン・II
ヒストリアン・II (JUGEMレビュー »)
エリザベス・コストヴァ, 高瀬 素子
ヒストリアン・I
ヒストリアン・I (JUGEMレビュー »)
エリザベス・コストヴァ
PROFILE
OTHERS
 
色々お好きなものを


OTHERS
 
色々お好きなものを


OTHERS
 
色々お好きなものを


ADS