お嬢様…  大口開けて…  お笑いになるのは…  いかがなものデショ? こんな同盟がありますよ。                      会員番号13番です!  

忙しい日々の中、
ちょっとした息抜きのひとときです。
ワイヤーフォックステリア・『トトやん』も登場!
我が家の『お嬢様』です。


Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
BLOG
<< 緩和ケア70日目〜その4 | * main * | 緩和ケア71日目〜その2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


* - * - * - * *
緩和ケア71日目〜その1
(5月2日に書いています)
夜中、足の裏をマッサージする。
湯たんぽでだいぶ暖かくなったけれど、
時間がたつと
うっ血してしまう。

足の裏は第二の心臓っていうし、
なんとかがんばれ。

ときどき
無呼吸になる瞬間がある。
1.2.3.…
数えて息を吸い込むとホッとする。

今日の夜勤は担当のAさんだった。
いつもより頻繁に見に来てくれる。
3時過ぎに…
「あれ?何だか脈が強くなってきましたよ。
 頑張ってますね」と。
確かに呼吸も安定している。

朝6時半。
状況が変わらないなら
姪は学校に行かなくてはいけないので、
弟も「いったん家に帰って、車をとってくるよ」と。

一人病室にのこり、
ずっと足の裏をマッサージしながら、
息をしているのを確認。

8時20分くらいか?
息がパタっと止まった。

すぐにナースコールをしてAさんがとんできてくれた。
私は足元から肩の方へまわり
トントンとたたき、
「ちょっと、お母さん!息してないよ!」と言うと
大きく息を吸い込んでくれた。
弟にあわてて電話。
「急いで戻ってきて!」

Aさんも
「よくがんばりましたよね」
「そうですね〜」
主治医の先生もあわてることなく部屋に入ってこられると
「もう…十分がんばったから、ボクはこれ以上がんばれとは言えないです。」

そう…よくがんばった…
でも、なにもみんなが居ないときじゃなくても…
もうちょっと…もうちょっと…

何度も息が止まり、また大きな息で戻ってきてくれて、
そんなことを20分ほど繰り返し

8時50分。
母は旅立ちました。

もう「がんばって」とは声がかけられませんでした。
「よくがんばったね。」

* 母とがん * comments(0) * trackbacks(0) * 10:17 *
スポンサーサイト

* - * - * - * 10:17 *









http://crystalofsnow.jugem.jp/trackback/194

RECOMMEND
Nodame Cantabile 1
Nodame Cantabile 1 (JUGEMレビュー »)
Tomoko Ninomiya,David Walsh,Eriko Walsh
ヒストリアン・II
ヒストリアン・II (JUGEMレビュー »)
エリザベス・コストヴァ, 高瀬 素子
ヒストリアン・I
ヒストリアン・I (JUGEMレビュー »)
エリザベス・コストヴァ
PROFILE
OTHERS
 
色々お好きなものを


OTHERS
 
色々お好きなものを


OTHERS
 
色々お好きなものを


ADS